心療内科と精神科

心理的なことから体の不調を訴えたり、精神症状がある場合などに受診する医療機関には、心療内科と精神科があります。ただ世間一般では「心療内科の方が気軽に通いやすい」「精神科に行くのは抵抗がある」と感じている人は少なくありません。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

心身症の治療をするのが心療内科

精神科と心療内科というと、どちらも心の病に関係している症状を治療する医療機関であるということは間違いありません。しかし精神科で治療をする精神病と心療内科で治療する心身症は、一緒というわけではないの…

Read more

うつ病・発達障害・認知症の治療は精神科が専門

うつ病などの症状が出た時に、心療内科と精神科のどちらで診察を受ければいいのか分からないという人は多いです。心療と書かれていると、心に関する病気を見てもらうイメージが思い浮かびやすいですよね。しかし…

Read more

軽度の精神障害であれ心ば療内科でも治療できる

頭痛やめまい、動悸や息苦しさなど体に問題が出てくると身体的な病気を想像しますが、ストレスや不安などの精神的な問題が身体に影響している可能性もあります。どちらが問題なのかはきちんと検査する必要があり…

Read more

精神科で行われている治療

精神科と心療内科は、診断を行うときには同じ基準を用いています。そのため、どちらを受診すればいいのか迷った場合、自分が行きやすい方へ受診してみるといいでしょう。ただし精神科では、心療内科ではカバーできない症状の治療や、幅広い治療方法の選択といったメリットもあります。精神科ではどのような治療が行われているのでしょうか。

薬物療法と心理療法

仲間と一緒に治療できる集団精神療法や作業療法

症状が重いときは外来から入院治療に切り替えることができる